プログラミング言語

小学生に効果的なエクセルの教え方とは?エクセルを学ぶメリットも解説

こんにちは。Tech TeacherのKids Blog編集部です!

小学生のお子さんを持つ保護者の方で、こんなお悩みはありませんか?

できるだけ早いうちから子供にパソコンスキルを教えたい

「小学生が楽しみながらエクセルを学べる方法って?」

そこで本記事では、パソコンの代表的なソフトの一つであるExcel(エクセル)において、小学生に適した学習方法や、小学生に教えるコツを解説します。

Excel(エクセル)はMicrosoft(マイクロソフト)社の表計算ソフトで、計算や表の作成を始め、さまざまなことができます。

子供にパソコンスキルを教えたいとお考えの方は、ぜひ本記事をご参考にしてください。

小学生がエクセルを学ぶメリット

小学生のうちからエクセルを使える必要なんてないと思う方もいるでしょう。しかし、小学生の段階でエクセルを習得すると、大きなメリットが得られます。

ここからは、小学生がエクセルを学ぶメリットについて詳しく解説します。

小学校の授業に役立つ

小学校の授業でエクセル学習の知識が活きてきます

エクセルで、データを表やグラフにまとめる一連の流れを学ぶと、情報収集力や情報分析力、論理的思考力を養えます。

これらの力は小学校の算数の授業をはじめ、あらゆる科目に活かすことが可能です。

また、2020年度より小学校高学年からプログラミング授業が必修になりました。

小学校のプログラミング授業は、問題解決までの論理的思考力を育てるためのものです。そのため、専門的なプログラミング技術を学ぶ授業ではないですが、パソコンの操作が必要になる場面もあります。

エクセル学習を通してパソコンに慣れておけば、授業の内容を簡単に理解できるようになるでしょう。

社会人に必要とされる力を養える

小学生のうちからエクセルを学ぶと、社会人に必要とされる力を養えます

さまざまな業界でデジタル化が進む今日、社会人にとってパソコンスキルは必須です。資料や仕様書の作成や、社内で使われる簡易的なツール作成の多くにエクセルが使われています。

そのため、小学生からエクセルに触れておけば、社会人になってからパソコン操作に苦労することはないでしょう。

また、小学生の段階でエクセルを用いたグラフや表の作成を行えると、データの扱いに長けた人材への成長が見込めます。

現在、AIや情報解析技術の発展に伴い、あらゆる企業でデータ分析から得られる情報が重要視されています

そのため、データ分析に長けた人材は、あらゆる企業が求めている人材と言えるでしょう。小学生のうちからエクセルを学ぶことで、社会に必要とされる人材に近づけます。

小学生に適したエクセルの学習方法

小学生は面白そうなものに対して強い興味を持ち、新しいスキルの吸収力も高いため、エクセルについて一度学べばあっという間に習得してしまうでしょう。

しかし、大人に対する教え方と同じように教えてしまうと、お子さんが興味を示さず学習意欲が落ちてしまう恐れがあります。

そこでここからは、小学生に適したエクセルの学習方法について詳しく解説します。

パソコン教室に通学する

小学生に適したエクセルの学習方法の一つに、パソコン教室への通学があげられます。

パソコン教室では、多くのパソコン初心者の方にパソコン操作を教えています。そのため、小学生でも理解できるような講座内容であることが多いです。

また、小学生を対象にしたエクセル講座を開講しているパソコン教室もあります。

子供にエクセルを学ばせたいけど自分のパソコンスキルではエクセルを教えるのに不安を感じるという方におすすめな学習方法です。

こんな方におすすめ

自分のパソコンスキルでは、子供にエクセルを教えるのに不安を感じるという方

小学生向けのテキストを活用する

小学生向けのテキストを活用して、エクセルを学ぶ方法があります。現在、イラストが豊富でわかりやすい小学生向けのエクセルのテキストが、数多く出版されています。

エクセルの基本操作が網羅されており、図やイラストがカラフルに描かれているテキストを使うことで、小学生でも楽しみながらエクセルを習得できるでしょう

子供と一緒に自分もエクセルについて学びたいと考えている方に、おすすめな学習方法です。

こんな方におすすめ

子供と一緒に自分もエクセルについて学びたいと考えている方

また、エクセルを独学で学べるように、無料で利用できる問題集を配布しているサイトもあります。エクセル学習にあまりお金をかけたくない場合は、無料利用できるサイトを活用するのも良いでしょう。

引用元:https://mt-soft.sakura.ne.jp/kyozai/tooltips/list.html

表やグラフを実際に作成する

実際に表やグラフを作成する中で、エクセルを学ぶ方法があります。

実際に表やグラフを作成する場合、学習計画表やお小遣い帳など、作成後に実際に活用できるものを作ると良いでしょう自分が使うことをイメージしながら、使いやすさやレイアウトを考える練習にもつながります。

また、完成した表やグラフに対して保護者の方が何かアドバイスできたり、新たな課題を出せたりすると、子供の継続的な学習にもつながります。

そのため、パソコンやエクセルのスキルをある程度持っていて、子供からの疑問について答えられるという方におすすめな学習方法です。

こんな方におすすめ

パソコンやエクセルのスキルをある程度持っていて、子供からの疑問について答えられるという方

小学生にエクセルを教えるコツ

小学生の場合、エクセル学習を無理強いしたり勉強として堅苦しく教えたりすると、反発してエクセル学習やパソコンそのものを嫌いになってしまう可能性があります。

ここからは、小学生が意欲的にエクセルを学べるような教え方のコツを詳しく解説します。

パソコンに慣れ親しめる時間を確保する

小学生にエクセルを教える場合、機能説明などの座学は最小限にして、パソコンに慣れ親しむ時間をできるだけ多く確保しましょう。

自分なりにパソコンを操作してエクセルの機能を実行することで、エクセルの機能や操作方法を体に覚えさせられます。

途中で思わず口出しをしたくなるような操作をお子さんがするかもしれませんが、お子さんが助けを求めるまでぐっと我慢して、学習を見守ってあげることが大切です。

遊びの延長で学べるような仕組みを作る

小学生のお子さんが、エクセルを遊びの延長で学べるように仕組みづくりするのも重要です。

お子さん本人が興味があることを自由研究として調べ、研究結果をまとめるためにエクセルを使用するというように、エクセル学習と一緒に別のものを学べると良いでしょう。

また、本人に何を作りたいかを聞いて、聞いた内容をエクセル学習に反映させるのも一つの手段です。

まとめ

本記事では、小学生がエクセルを学ぶメリット小学生に適したエクセルの学習方法小学生にエクセルを教えるコツを解説しました。

エクセルは表やグラフの作成から、簡単なツールの作成など幅広い用途に使われます。また、データ活用に関する力を養う上でも、エクセル学習は有効です。

そのためエクセルは、小学生のうちから習得しても損がないソフトです。パソコンについて、子供に何から教えれば良いかわからないと悩んでいる方は、エクセルから教えてみてはいかがでしょうか。

自社紹介バナー