プログラミング言語

小学生がアプリ制作するならSwift!その理由や学習方法も紹介!

 

こんにちは、Tech TeacherのKids Blog編集部です。

Swiftは、アプリ開発に使えるプログラミング言語の一つです。この記事を見ている方も一回は聞いたことがあるのではないでしょうか。

アプリ開発完成をイメージしやすく小学生のお子さんも興味を持ちやすいため、プログラミング教育のゴールとして設定されることも多いです。

そしてアプリ開発をプログラミング教育のゴールとする場合、Swiftはお子さんに学習させる言語の候補となるでしょう。

この記事は、

「他のプログラミング言語じゃなくて良いの?」

「Swiftは難しくて子どもたちが飽きてしまいそう」

という疑問や不安を持つあなた向けに、私たちTech Teacher Kids Blog編集部がSwiftを学ぶメリットや将来性、おすすめの学習方法まで解説します。

お子さんにSwiftを学ばせるべきかを判断するのにぴったりです

 

Swiftの基本情報

「そもそも、Swiftってどんな言語なのか知りたい」という人のために、まずはSwiftについて簡単に紹介します。

Swiftは、2014年にApple社が開発した、比較的新しいプログラミング言語です
オープンソースであり、誰でも無料で使うことができます。

Swiftは元々iOSアプリ開発に使われていた言語を改善したもので、開発には既存の様々なプログラミング言語を参考にしています。

だから、Swiftには読みやすく書きやすいといった特徴があり、後述するように小学生のような初心者でも取り組みやすいと言えます。

Swiftを使ったアプリの例として、Duolingoなどがあります。

タブレットのイメージ

小学生がSwiftを学ぶメリット

小学生でもSwiftでアプリ制作ができる!

では、Swiftを学ぶと何ができるのでしょうか。

Xcodeというソフトウェアを使う必要がありますが、Swiftを学べば小学生でもアプリ開発が可能になります。

アプリ開発を学習すれば、作ったアプリをそのまま生活や将来の仕事に活かすことができます。また、学習を通して培った経験や知識は、お子さんが今後IT人材を目指すことになった時に大きな財産となるでしょう。

Swiftを使った、小学生のアプリ制作の例

2018年、アドビのツールを使って小学生がSwiftでiPhoneアプリ開発をするチャレンジの報告会が行なわれました。

小3〜小5のチャレンジャーたちが作ったアプリは、夕食のメニューを提案してくれるものからプログラミング勉強アプリまで様々です。小学生のアプリ開発に少しイメージが湧いてきたのではないでしょうか。

Swiftの高い将来性

しかし、pythonなどに比べればSwiftについての情報はあまり耳にしないことも事実です。せっかくお子さんが苦労してSwiftを学んでも将来役に立たない、なんてことにはならないのでしょうか。

まずSwiftは大手Apple社製品向けのアプリの開発に向いているので、この先もSwift人材は必要とされると考えられます。

さらにTIOBEによる人気調査の最新の情報によると、Swiftの人気順位は前年に比べて上昇しています。

その上、今Swiftを導入する動きが様々な企業で高まっています。このことからも、小学生からSwiftを学習する価値はあると言えるでしょう。

確かにSwiftはpythonなどと比べると知名度は低いですが、逆に言えば今後人材不足になる可能性があるということです。

小学生のpython

Swiftが小学生でも取り組みやすい理由

小学生によるアプリ開発は、なにも一部の天才だけができることではありません。周囲の学習環境やSwift自体の特徴により、やる気さえあれば小学生でもアプリ開発への道が開かれています 

その理由として、まずSwiftの無料学習用アプリ(iPad、Mac用)の「Swift Playgrounds」があります。

これはゲームを通してSwiftを学習できるアプリで、こうしたアプリの存在も、子どものSwiftの学習ハードルを下げるのに役立っています。

また、Swiftには以下のような特徴があり、初心者でも比較的取り組みやすい言語であると言えます。実際にTech TeacherにもSwiftを受講している小学生の生徒はいらっしゃいます。 

読みやすく、書きやすい

SwiftはpythonやRubyなど他の言語の良いところを取り入れて開発された言語です。そのため取り組みやすい上に、シンプルなコードとなっています。

しかもSwiftは、文末のセミコロンが要らないなど他の多くの言語と比べてコードがよりスマートになっています。

不具合が起こりにくい

Swiftは変数が空(null)になっているとエラーになるため、バグの除去にかかる余計な手間を省くことができます。

予期せぬバグは初心者には特に悩みの種となるため、これは大きな利点であると言えます。

小学生がSwiftを学ぶには

小学生が本格的なプログラミング言語を学ぶ難しさ

「うちの子どもが勉強を続けられるか心配」という声もあるでしょう。確かに、初心者のプログラミング学習の難易度は高いです。

初心者がプログラミング学習を挫折する割合は9割近いとも言われています。適切な学び方が分からなかったり、そもそも理解できなかったりするためです。

Swiftは初心者でも学習しやすいと述べましたが、それでも挫折の危険はつきまとってしまいます。

まずはビジュアルプログラミング言語から

ですから、いきなり本格的なプログラミング言語から始めると失敗する可能性が高いわけです。しかし、あきらめる必要はありません。

プログラミング初心者の方は、「ビジュアルプログラミング言語」から始めると良いでしょう。

ビジュアルプログラミング言語とは、テキストでプログラムを書くのではなく、視覚的なオブジェクトを組み合わせてプログラミングしていく言語を指します。
ビジュアルプログラミング言語にはScratchやViscuitがあります。

小学生とその保護者に伝える、ビジュアルプログラミング言語とその勉強法子どもが学校でプログラミングをしていて、家庭学習でも補いたいけどどうしたらいいか分からない…。何を学ぶ?どうやって学ぶ? こちらでは、簡単に学べるビジュアルプログラミング言語とその勉強法、さらには日本のプログラミング教育ついてもご紹介します。...

そうしてプログラミングの基本的な考え方を学んでから本格的なプログラミング言語を学習すれば、挫折することは少なくなります。

個別指導の家庭教師ならTech Teacher!

先ほどプログラミングの学習は挫折する可能性が高いと説明しました。そして、初心者はビジュアルプログラミング言語から始めると良いことも述べました。

そして、挫折を回避する手段としては「より簡単な言語から始める」の他にもあります。

それは、「誰かに教えてもらう」ことです。

それには集団授業の塾など様々な方法があります。

子供向けプログラミング学習方法3選!楽しく学習できる方法とは?子供におすすめのプログラミング学習方法をご紹介します!これを読めば、小学生の子供からでも失敗せずにプログラミング学習を進められます。...

その中でも私たちTech Teacherは、家庭教師という選択肢を提案、提供致します。

Tech Teacherには全くの初心者でも生徒一人一人に寄り添って成功に導く仕組みが整っています。

生徒に合わせたマンツーマンの指導

Tech Teacherに在籍する講師は、生徒一人一人に合わせてカリキュラムを作成して授業を行います。これにより生徒の習熟度に合わせた授業ができるため、集団授業のようにお子さんが授業についていけなくなる心配はありません。

また、授業の頻度や時間もお子さんや親御様の都合に合わせて柔軟に変更することができます。これにより継続的に指導が可能となり、お子さんが挫折を感じることなく成長を実感することができるのです。

他にはない、過払い金ナシで親御様も安心!

Tech Teacherは完全後払いシステムを採用しており、指導を行なった分だけ指導料をお支払いいただくので、費用を払いすぎる心配がありません。

「子どもが途中でやめたいと言い出したらどうしよう」「どうしても授業を続けられなくなったらどうしよう」という方も安心して授業を受けられる体制です。

採用率20%以下の優秀な講師陣

 さらに、Tech Teacherは講師の採用も書類選考から体験授業まで多くのステップを踏んでおり、より優秀な講師を採用しております。これによりスキルはもちろん、人柄も優れた講師に出会うことが可能となっております

Tech Teacherは、親御様の負担を最小限にするシステムと優秀な講師陣を兼ね揃えております。

まとめ

Swiftは、メリットや将来性、そして学びやすさから考えても、小学生が新しく学習するプログラミング言語として多くの点でぴったりであると言えるでしょう。

お子さんがプログラミングに関して全くの初心者である場合、ビジュアルプログラミング言語から始めるのがおすすめです。

そして、ビジュアルプログラミング言語に慣れて本格的にプログラミングを勉強してみたいとお子さんが言ったとき、アプリ開発とSwiftのことを検討してみてはいかがでしょうか。

「プログラミングには詳しくなくて不安だ」という保護者の方も多いでしょう。しかし同時に「せっかくなら子どもには好きなことを勉強させたい」、とも思うのではないでしょうか。

私たちTech Teacherそんな皆様の声に全力でお応えしております皆様のお問い合わせを常にお待ちしております。

もちろん、Tech Teacherはビジュアルプログラミング言語やSwiftを含めた様々な言語に対応しております。特にSwiftまでカバーしているプログラミング家庭教師会社は中々ありません。

もちろん、SwiftやTech Teacherについてはここだけで書ききれるものではありません。

「もっと知ってみたい…」
「申し込んでみようかな…」

という方はまずは下のボタンよりお問い合わせください!

 

 

選抜された優秀な講師が、あなたとあなたのお子さんを心よりお待ちしております!

 

自社紹介バナー