将来の夢

システムエンジニアを子供に説明したい親必見!なるための方法もご紹介

小学校でもプログラミング教育が広まり、「パソコン関連のお仕事って楽しそう」と思うお子さんも増えたのではないでしょうか。

近年供のなりたい職業には、パソコンを使ったお仕事のシステムエンジニアが挙げられるようになりました。

そんな話題のシステムエンジニアですが、子供に説明しようとするとなんだか難しいですよね。

この記事ではシステムエンジニアを子供に説明する方法や、システムエンジニアになるために子供からできることについてご紹介します。

そもそもシステムエンジニアって?

仕事内容

システムエンジニアとは、世の中に役立つシステムを設計するのが主な役割です。

システムはコンピュータを用いた仕組みのことです。

身近な例には、自動車や家電製品といった機械を動かす仕組みがあります。企業向けのシステムとしては、セキュリティを確保する仕組みなどがあります。

システムを設計する際には、まずどのようなシステムを作るかお客さんと話し合います。

設計が終わった後もさらに、システムの構造・機能全体を管理するためにプロジェクトやチームのリーダーを行います。

開発の最後には、できあがったシステムをテストします。

システムエンジニアを子供に説明してみよう

システムエンジニアについて理解が深まった親御さんも多いと思います。

ここからは、実際にシステムエンジニアをお子さんに説明するステップをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

ステップ1:システムエンジニアを他の職業に例える

まずはイメージを湧きやすくするために、システムエンジニアを他の職業に例えてみましょう

システムエンジニアの役割は、建物を設計する建築士と似ています。建築士が建物を設計するように、システムエンジニアは目に見えないシステムを設計します。

設計したあとには、それを他の職業の人たちに実際に組み立ててもらう点も同じです。

建物を作る際には大工の力が必要ですが、システムを開発する際には、実際にプログラミングするプログラマーの力が必要になります。

こうやって説明しよう

システムエンジニアは、コンピュータを使って世の中に役立つ仕組みを考える建築士さん。

システムエンジニアが考えた仕組みは、大工さんであるプログラマーに作ってもらう。

ステップ2:システムエンジニアがどう役立っているのか例を挙げる

次のステップでは、実際にシステムエンジニアが世の中にどう役立っているのかを知ってもらいましょう

実際に生活で使うものの中にも、システムエンジニアが開発したものがたくさんあります。

具体例を挙げますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • 街にあるもの:自動販売機, 駅の自動改札機
  • 家にあるもの:自動車, 家電製品
  • スマホやパソコン関連:アプリケーション

システムエンジニアになるためには

お子さんがシステムエンジニアに興味を持ったら、このような疑問が浮かんでくることがあります。

システムエンジニアになるためにはどうしたらいいんだろう?

以下ではシステムエンジニアを目指して子供からできることや、具体的な進路について詳しく解説します。

システムエンジニアへのステップ

システムエンジニアになるためには、まず大学や短大、もしくは専門学校で理工や情報系について学びます

その後採用試験を経て、ソフトウェア会社やコンピュータメーカーに就職しましょう

基本的にはプログラマーとして経験を積んだのちに、システムエンジニアになれます

子供のうちからできること

論理的思考力を身につける

論理的な思考力とは物事を順序立てて考える力のことで、システムエンジニアに欠かせないスキルです

システムを設計する際には、作りたいシステムの機能を分解して一つでも誤りがないように最適な順序で組み立てるからです。

論理的思考力を身に着けるためには、1日の出来事と感想を日記に書くことや、疑問に思ったことを自分で調べてみることが役に立ちます。

コミュニケーション力を高める

システムエンジニアには、コミュニケーション力が求められることが多いです

システムの設計を考えるときにお客さんの要望をくみ取ることや、開発全体のリーダーとしてチームを円滑に回す必要があるからです。

コミュニケーション力を高めるためには、親子での会話を大切にすることから始めてみましょう。

一方的に話すことがないように順番を決めて会話をしてみたり、伝えたいことが合っているかを確認したりすると良いでしょう。

プログラミングを学んでみる

コンピュータを使ったシステム開発には、プログラミングが欠かせません

プログラミングを理解していることでシステムの設計を立てられて、それをプログラマーが形にできるからです。

そのため、システムエンジニアを目指すお子さんにも、プログラミングを学んでみることをおすすめします

プログラミングってそもそもなに?という親御さんは、以下の記事をご参考ください

プログラミング学習のお悩みは『Tech Teacher』へ

「子供にプログラミングを学ばせてみたい!」と思っても、さまざまな疑問が浮かんできますよね。

例えば、こんなお悩みはありませんか?

  • プログラミングを子供から学ぶ方法は?
  • プログラミング学習って何から始めればいいの?

そんなときはぜひTech Teacherにお尋ねください。

プログラミング学習のお悩みに寄り添って、些細な疑問でもご相談にお乗りいたします。

本ブログを運営しておりますTech Teacerは、プログラミングに精通する家庭教師がプログラミングをご指導するサービスです。

Tech Teacherについては、以下のボタンから詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

今回はシステムエンジニアについて、子供に説明する方法を解説してきました。

お子さんがシステムエンジニアに興味を持ったら、できることから少しずつ始めてみましょう。

システムエンジニアを本格的に目指す手段としては、プログラミングを学習することがおすすめです

Tech Teacherは皆様のお問い合わせをお待ちしております。最後までお読みいただきありがとうございました。