コマンド操作

動画付き!マイクラのコマンドで簡単に整地【Java/統合版】

こんにちは。Tech TeacherのKids Blog編集部です!

本ブログを運営しているTech Teacher Kidsは、Minecraftの習い事サービスを提供しています。

プレイを通じて、ITスキルプログラミング思考身につく

手厚いサポートで、初心者も安心して始められる

全国どこからでも、オンラインで受講できる

マイクラが大好きなお子様に「遊び」を「学び」に変えるマイクラ教室はいかがでしょうか?

まずは無料体験授業でお試しください。

マイクラの習い事を
詳しく見る

お子さんが大人気ゲーム『マインクラフト』にハマっているという保護者の方で、こんなお悩みはありませんか?

「Java版・統合版の整地のコマンドを知りたい」
「子どもが整地のコマンドを一人で使えるようになってほしい」

そんなお悩みを持つ保護者の方に向けて、「整地に使うfillコマンドの使用方法」「fillコマンドの具体例や注意点」を紹介します。

この記事を読めば、誰でもエラーなく簡単に、fillコマンドで整地ができるようになります。

マイクラのおすすめのコマンドを一覧で知りたい方は、「おすすめコマンド一覧」の記事もご覧ください。

【マイクラ】コマンド一覧!使い方も徹底解説【統合版/Java版】本記事ではマイクラのコマンドを一覧でご紹介しています。「マイクラでコマンドの使い方は?」「おすすめのコマンドの使い方は?」という疑問を解決します。使い方や使用例も豊富なので、コマンド初心者の方必見です!...

マイクラの整地に使うfillコマンドとは

fillコマンドとは、指定した範囲にブロックを敷き詰めることができるコマンドです。

敷き詰めることができるブロックには、石(stone)ブロックや草(grass)ブロックの他に、空気(air)ブロックもあります。

空気ブロックを敷き詰めると、敷き詰めた場所のブロックが空気ブロックに変わる=ブロックがなくなるため、整地ができます。

マイクラのfillコマンドの入力方法

チートの許可をオンにしていないとコマンドは使えません!

オンにする方法は以下の通りです。

設定⇒「LANに公開」⇒「チートの許可:オン」⇒「LANワールドを公開」

コマンドは、半角小文字でチャット欄に書き込みます

【チャット欄の出し方】

PC: “T”キー

Switch: ▶︎ボタン

fillコマンドを使うときは、2箇所の座標(ブロックの開始位置と終了位置)と置くブロックを指定します。

2箇所の座標のイメージは、下図のような感じです。この立方体の範囲内にブロックが置かれます。

  • X座標(東西)は東に向かうと数値が増える
  • Y座標(高低)は高い方向に向かうと数値が増える
  • Z座標(南北)は南に向かうと数値が増える

fillコマンドの書き方は、以下の通りです。

/fill (ブロックを置く始まりの x y z座標) (ブロックを置く終わりのx y z座標) (置きたいブロック名)

ブロックを置く始まりの座標は、整地したい範囲の始まりの場所です。始まりを自分がいる場所の座標にすると分かりやすいです。

終わりの場所は、整地したい範囲の始まりの座標の対角線上に設定します。

実行すると、2個所の座標内に指定したブロックが置かれます。

fillコマンドで整地するには、空気ブロックを置くので、ブロック名をairにします。

このコマンドを実行すると、上の図の立方体のように、指定された範囲が整地されます。

【動画付き】マイクラのfillコマンドで実際に整地するやり方

以下の動画では、fillコマンドで整地する方法を解説しています


動画ではJava版をプレイしていますが、Switchの統合版での座標の出し方の解説もあり、どちらをプレイしている人にもためになる動画になっています

分かりやすく整地の方法を一から説明しているので、ぜひご覧ください。

マイクラJava版で整地する方法

①まずは、現在地の座標を確認します。

マイクラJava版で座標を確認するには、Fn+F3を押して、デバック画面を開きます。

すると、以下の画像のように現在地の座標を確認できます。

②Tキーを押すと出るチャット欄に、半角英数字でコマンドを打ち込みます。

現在地のx y z座標から、整地したい範囲までのx y z座標を入力し、空気ブロックを指定するairを入力します。

この画像の範囲なら、現在の座標から+30くらいするとすべて整地できます。

③Enterキーを押して実行します。

すると、指定した範囲が整地できました!

fillコマンドを使った整地は、ご紹介した3ステップで簡単にできます

マイクラ統合版で整地する方法

まずは、現在地の座標を確認します。

マイクラ統合版で座標を確認するには、設定からゲームのところを開きます。

上の図のように、ゲームの世界のオプションの”座標を表示”をオンにすると、座標が画面の左側に出ます。

②▶ボタンを押すと出るチャット欄に、半角英数字でコマンドを打ち込みます。

現在地のx y z座標から、整地したい範囲までのx y z座標を入力し、空気ブロックを指定するairを入力します。

③OKしたら、Yボタンを押して実行します。

〇〇個のブロックで満たしました、と出たので成功です。

これで、指定した範囲が整地できました!

fillコマンドを使った整地は、ご紹介した3ステップで簡単にできます

マイクラでfillコマンドで整地するときの注意点

最後に、fillコマンドを使って整地するときの注意点をお伝えします。

fillコマンドで整地をするときの注意点は、3つあります

  1. コマンドの実行結果は元に戻せない
  2. 一度に置き換えられるブロック数には限界がある
  3. 指定された高さよりも低い位置に穴があっても埋まらない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コマンドの実行結果は元に戻せない

コマンドを実行前の状態に戻すことは不可能です。

元に戻すコマンドもなければ、そういった仕様がマイクラそのものに備わっていないためです。

つまり、fillコマンドで間違った範囲をブロックで敷き詰めてしまったら、それをなかったことにする方法はありません

大事な建築物がなくなるなんてことを避けるためにも、整地をするときは、きちんと範囲の確認をして間違えないように気をつけましょう

一度に置き換えられるブロック数には限界がある

fillコマンドで置き換えられるブロック数には限界があります。

指定した領域にあるブロックが多すぎます」というエラーが出た場合、コマンドは合っていても、置きかえるブロックの数が多すぎて処理できない状態です。

ブロックを置きかえる範囲を狭くして、コマンドを入力し直し、整地しましょう。

指定された高さよりも低い位置に穴があっても埋まらない

fillコマンドで空気ブロックを敷き詰めたとき、上の画像のように穴が空いてしまうことがあります。

選択した範囲よりも低い位置に元々空間があった場合、そこが穴になってしまうからです。

真っ平らな空間を作るには、空気ブロックを敷き詰めた一段上に、高さ1ブロック分の土ブロックなどをfillコマンドで敷き詰めるといいでしょう。

マイクラのコマンドで整地してみよう!

今回は、整地に使うfillコマンドの使用方法を解説しました。

コマンドが使えるようになると、マイクラで様々なことができます。

ぜひこの記事で覚えたfillコマンドを使って、広い範囲も一瞬で整地してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。