プログラミング

マイクラのJava版でプログラミングを始めよう!統合版との違いは?

マイクラのJava版でプログラミングを始めよう!統合版との違いは?

Java版は統合版と何が違うの?」「マイクラでプログラミングを学ぶにはJava版が良いって本当?

そんなお悩みはありませんか?

そんなお悩みをお持ちの保護者の方に向けて、マイクラのJava版で何ができるかについて統合版と比較しながらご紹介します

この記事を読めば、自分の子供にJava版を始めさせるべきかどうか理解できます。

本記事はTech TeacherのKids Blogライターが執筆しています。

本ブログを運営しているTech Teacher Kidsは、Minecraft学習の家庭教師サービスを提供しています。

完全マンツーマン指導で、お子さんの興味や学習状況に沿って授業を進めます。

幅広い学習要望に対応しており、マインクラフトでのPC操作・コマンド・MOD・プログラミングの基礎から発展まで学べます。

授業を受けた分だけ後払いの料金システムで、月1回から受講可能なので気軽に始められます。

マイクラが大好きなお子様に「遊び」を「学び」に変える個別指導はいかがでしょうか?

まずは無料体験授業でお試しください。

マイクラの家庭教師を詳しく見る

マインクラフトってどんなゲーム?

Minecraft(マインクラフト)は通称「マイクラ」と呼ばれていて、子供から大人まで幅広く人気があるゲームです。

サイコロの形をしたブロックでゲームの世界が作られていて、このブロックを使って建物や道具を作ったり、知らない場所に冒険に行ったりして楽しみます。

マイクラの遊び方には大きく2種類あり、「Java版」と「統合版」に分かれています。基本的なゲーム内容は同じですが、それぞれのバージョンで何ができるかをご紹介します。

マイクラのJava版とは

プログラミング言語のJavaで開発されたため、『Java Edition(Java版)』と呼ばれています。マインクラフトの原点として、世界中から人気が高いです。

メリット

アップデートが統合版より速い

オリジナルの自作スキンを適用できる

スキンとはキャラクターの外見のことです。Java版ではユーザー自身が作ったスキンを自分のキャラに適用させることができます。

MODに対応している

MODとは、プログラミングでマイクラの世界を自分好みに改造できるツールのことです。

マイクラで遊ぶお子さんのなかには、「もっと見た目を美しくしたい」「新しい武器を作りたい」「不便なところを修正したい」などの好奇心が湧いてくるお子さんも多いでしょう。

Java版はMODに対応しているためカスタマイズの幅が広く、自分好みにマイクラを楽しむことができます。

また世界中の人が作ったMODが無料で公開されています。しかし公式のものではないので、リスクもあることを理解したうえで使いましょう。

Java版でMODを使う際には以下の方法がおすすめです。

・Scratchでプログラミング
「Minecraft Forge(マインクラフト フォージ)」・「Raspberry Jam MOD(ラズベリージャムモッド)」のインストールをした後、マナビバさん提供の特別なバージョン(https://manaviva.github.io/scratch-gui/)と連携すると、MakeCodeに近い形のプログラミングができます。
・Pythonでプログラミング
Scratchと同様「Forge」と「Raspberry Jam mod」インストールして使います。
・Luaでプログラミング
「Computer Craft Edu」というMODを入れて、Lua(ルア)という言語でプログラミングができる環境を作ります。巨大建築物を一瞬で作ってくれる優れものです。

デメリット

対応機種(プラットフォーム)が少ない

パソコンのWindows、Linux、MacOSなどに対応していて、スマホやSwitch、PSシリーズでは使えません。

またパソコンのスペックがそのまま操作性にあらわれます。公式HPによるPCの推奨スペックは以下の通りです。

CPU:Intel

Core i5-4690 3.5GHz / AMD A10-7800 APU 3.5 GHz もしくはこれと同等の CPU

GPU:OpenGL

4.5 対応 GeForce 700 シリーズまたは AMD Radeon Rx 200 シリーズ(統合チップセットを除く)

メモリ:8GB

ストレージ:4GB(SSD推奨)

クロスプレイがしづらい

クロスプレイとは、異なる機種(プラットフォーム)で一緒にプレイできる機能のことで、Java版がクロスプレイできるのは同じJava版です。

つまり、Java版同士でのみクロスプレイができますが、先ほどご説明したようにJava版はパソコンだけに対応しているため、クロスプレイがしづらいです。

保護者の方のサポートが必要

Java版は環境設定がやや難しいので、保護者の方のサポートが必要です。

マイクラの統合版とは

過去に移植(他のプログラミング言語で作成)されたマインクラフトをひとまとめにしたもので、正式には『Bedrock Edition(BE版)』と呼ばれています。

メリット

対応機種(プラットフォーム)が多い

パソコンのWindows 10、スマホ・タブレットのiOSやAndroid、ゲーム機のXbox One、Nintendo Switch、PlayStation 4、その他Fire Devices、Oculusといった多様な機種に対応しています。

また機種そのもののスペックがあまり高くなくても比較的快適にプレイできます。

クロスプレイに向いている

クロスプレイとは、異なる機種(プラットフォーム)で一緒にプレイできる機能のことでしたね。

統合版も、統合版同士でしかクロスプレイができません。しかし、統合版は対応機種が多いため、クロスプレイがしやすいというメリットが生じます

デメリット

アップデートがJava版より遅い

ユーザーの自作スキンに対応していない

Java版とは異なり自作のスキンは使えませんが、代わりに元のマインクラフトの世界にある素材から簡単なスキンを選んで使えます。

MODに対応していない

統合版でも、MODを必ずしも導入できないわけではないのですが、Java版に比べるとやはりカスタマイズの幅は狭いと言えます。

マイクラのJava版でプログラミングを学ぶメリット

2020年に始まった小学校でのプログラミング教育に合わせ、お子さんにプログラミングを学習させたいと考えるご家庭が増えてきました。

現在、世界中で子ども向けのプログラミング学習コンテンツがたくさん用意されていますが、特にマイクラのJava版でプログラミングを学ぶメリットをご紹介します。

マインクラフトでのプログラミングは以下の記事で詳しく解説しています。

マインクラフトでプログラミング!小学生が楽しめるやり方を紹介
マインクラフトでプログラミング!小学生が楽しめるやり方を紹介マインクラフトってどんなゲーム?マインクラフトでプログラミングってどういうこと?どれを選べばいいの? この記事では、小学生のお子さまをもつ保護者の皆さまの様々な疑問や心配をひとつひとつ解決します。...

楽しみながらプログラミングできる

マイクラのJava版では遊びの延長でプログラミングを学べるため、飽きずに続けやすいです。

関連した本が出版されていたり、Youtubeなどで動画がアップされていたりするため、お子さんが真似しやすいのもポイントです。

下の動画では、Java版でプログラミング言語のPythonを使って、迷路を作成する方法を紹介しています。

引用元:https://youtu.be/nohAG1H4keA

プログラミングの意義を学べる

プログラミングの意義とは、人々の生活をより便利にすることです。マイクラのJava版でプログラミングを学ぶことで、その意義を実感することができます。

マイクラの統合版で遊んでいると、地道な作業に煩わしさを感じる場面もあります。しかしJava版でプログラミングを導入することで、複雑な建物を一瞬で作ったり、ものを動かし続けたりすることができます。

そのため、プログラミングとは自分の生活や日々を豊かに、便利にするものであるということを学ぶことができます。

創造力を高められる

マインクラフトは自由度が高く、創造力次第で何でも作ることができます。何かモノを作る際には完成形をイメージしながらプログラミングすることで、自然と創造力を高められます。

創造力を高めることは、自ら問題を解決し新しい価値を生み出すことにつながるので、将来役に立つと言われています。

自由な発想ができる小学生のうちから、マイクラのプログラミングで創造力を高めていきましょう。

マイクラのJava版がおすすめの小学生とは

マイクラでゲーム実況をしたい小学生

Youtubeを見ると分かるのですが、マイクラのゲーム実況ではJava版を使ったものが多いです。実際にそれらの動画を見て、Java版で遊んでみたくなった小学生のお子さんも多いですよね。

また、ゲーム実況のために行う動画編集の作業は、パソコンで行うことがほとんどです。パソコンで動作するJava版を購入することで、ゲームプレイから動画編集という一連の作業が行いやすくなります。

そのため「マイクラでゲーム実況をしたい小学生には、マイクラのJava版がおすすめです。

マイクラの統合版に飽きた小学生

Switchなどの統合版を遊び切って飽きてしまった小学生にも、マイクラのJava版がおすすめです

自作スキンを使ったり、MODでプログラミングを活用したりして、より自分好みの世界観を作りたいお子さんはJava版でコマンド操作から遊んでみましょう。

一方で、手軽にマイクラを始めたい小学生のお子さんには、統合版から遊ぶことをおすすめします。

マイクラのJava版でプログラミングを学ぶなら

本ブログを運営しておりますTech Teacherは、Minecraftの家庭教師です。

Minecraftの家庭教師なら、お子さんの「遊び」を「学び」に変えることができます。

「子どもが夢中になって楽しく学べるように教えてほしい」

「マイクラが子どもの可能性を伸ばすきっかけになってほしい」

Tech Teacher Kidsは、そんなご家庭様にぴったりです。

指導可能ソフトMinecraftであれば全て(統合版・Java版・教育版)
対象年齢幼児~中学3年生
授業内容一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラム
授業時間1回60分~自由に調整可能
授業回数月1回~自由に調整可能
授業形態完全個別指導(生徒1人に教師1人)
講師スキルと指導力を兼ね備えた難関大の学生
受講場所対面(ご自宅など)/オンラインから選べる
授業料授業時間分だけ(3,960円 / 30分 〜 )
入会金22,000円

Tech Teacher Kidsが選ばれている3つの理由

お子さんの夢が実現できる!オーダーメイドカリキュラム

担任教師がお子さんの作りたいものややりたいことを最優先してカリキュラムを作成いたします。

「YouTubeで見た建築物を再現したい」「自分でMODを入れてみたい」といった具体的なご要望に対応可能です。

専門的な知識やスキルが必要な場合でも、経験豊富な教師がサポートすることで、お子様の夢や目標を一緒に追求して叶えます

遊びを学びにつなげる! 担任教師によるマンツーマン指導

マイクラに詳しい担任教師による継続的なマンツーマン指導が受けられます。

お子さんのゲームへの熱意は保ちつつ、ITスキルやプログラミング的思考といった未来のために重要なスキルを、自然に学べる環境を提供します。

教師が継続してお子さんと関係を築いていくからこそ、お子さんの興味関心に合わせた新たな学習内容の提案が可能です。

保護者の方も安心! 最小限の受講負担

オンライン/派遣の選択が可能で、面倒な送迎が不要のため、お忙しいご家庭様でも安心です。

スケジュールも自由に変更でき、好きな曜日・時間・頻度でご受講いただけます。月1回~ご受講可能です。

保護者の方がマイクラやITに詳しくなくても、教師がお子さんの学習を全面的にサポートし、進捗状況や学習内容も報告します。

Tech Teacher Kidsの無料体験実施中!


Tech Teacher Kidsでは、無料体験授業を実施しています。

「マイクラを習うってどういうこと?」

「うちの子どもでも楽しく学べるかな?」

このような疑問をお持ちの保護者様へ、まずは60分の無料体験授業でお試しください!

マイクラの家庭教師で、お子様の「遊び」を「学び」に変えてあげませんか?

簡単3分!無料体験に申し込む

まとめ

今回は、プログラミングが学べるマイクラのJava版についてご紹介してきました。

マイクラのJava版は、ゲーム実況がしたい小学生のお子さん」や「統合版に飽きた小学生のお子さん」がおすすめです。

一人ひとりに最適化された指導を提供するプログラミングの家庭教師「Tech Teacher」で、マイクラ×プログラミングを楽しく学習していきましょう。

Tech Teacherは皆様のお問い合わせをお待ちしております。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

オーダーメイド/マンツーマン指導Tech Teacherなら、お子様の好きなようにマイクラでプログラミングができます!

授業時間・授業頻度・受講場所はご家庭様の都合に合わせて自由に調整できますので、ご家庭様の負担もかかりません。

授業料は「受けた分だけ後払い制」なので、まずはお気軽に60分の初回無料体験授業でご検討ください

お問い合わせはこちらから 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です